2013-12-25

SIerでNode.js初心者を集めてハンズオンをやってみたという夢のある話

「Node.jsって何それ。おいしいの?」
「それってお金になるの?」
そんなSIerの社内で業後に有志を集めてNode.jsのハンズオンをやってみたという、夢のある話を少しします。

  1. 教材について
  2. メンバー構成
  3. ハンズオンやってみた感想とか
  4. まとめ

1. 教材について

はじめに、教材の利用とリポジトリのFork許可してくれた@yosuke_furukawaさん、本当にありがとうございました!

本家のリソースはこちらです。

https://github.com/yosuke-furukawa/node_study

で、私が実際にハンズオンで使用したForkしたものはこちらです。

https://github.com/mitsuruog/node_study

Forkした方は、以下の点を少し修正を加えています。

  • jQuery依存コードをVanillaJSに置き換え
  • デバック関連についてのページを追加

目次については以下の内容となっています。

  1. REPL
  2. Node.jsでHelloWorld
  3. Node.jsのモジュールの作り方
  4. NPMでのモジュール探訪
  5. Express環境構築
  6. Express入門
  7. Socket.io入門

Node.jsの基礎からExpress+socket.ioをつかったwebsocketのリアルタイムchat作成まで網羅されていて、一通りNode.jsの楽しさについて学べると思います。

個人的には、Node.jsのモジュールの作り方、EventEmitterの使い方など、Node.jsのコアとなる考え方について、丁寧に解説されていたことが採用の決め手となりました。

2. メンバー構成

さて、肝心なハンズオンのメンバー構成は、講師役の私を含めて9名。

うちチューター役が1名の構成でした。

メンバーのほとんどはJavascriptの経験がなく(中にはコード書かないマネージャもいたりしてw)、エディタもwindowsのテキストエディタで行うといったような、開始前はゴールできるのか正直不安でした。

3. ハンズオンやってみた感想

で、やってみた結果、19:30から開始して3時間後の22:30に無事終了しました。

2名を除いて完走することができました。

Websocketのチャットをやっていた終盤は、あちこちで「動いたー」「おーすげー」と少しお祭り騒ぎとなって、プログラムを作って動かす楽しさを体験できたかなと思います。普段、コードを書いていないSIerのエンジニアにとってはいろんな意味で新鮮だったと思います。

自分も初めてNode.js触って悪戦苦闘していた頃を思い出したりして、教えている方も楽しかったですね。

4.まとめ

後日メンバーにアンケートに協力してもらったのですが、結構評判良かったです。
社外でもこの手のハンズオンは結構あるのですが、同じ社内ということもあり、分からない部分について質問しやすい環境だったと思います。
自分でやったときは、周りにNode詳しい人皆無だったので、夜こつこつやって1週間くらい掛かったかと思います。やっぱり知っている人に教えてもらいながらの方が、学習効率はいいですね。

この教材であれば、初心者でも講師さえいれば3時間でゴールできますので、どんどん活用してみてください。