2014-12-31

2014年を振り返る

今年も最後となりましたので、自分の2014年の活動について振り返ってみます。去年の振り返りはこちらです。
それから「来年こそはもっと質の良いアウトプットしたいと思います。」と締めくくってますね。果たして私は今年、何をやっていたのでしょうか。。。

今年もhtml5jエンタープライズ部を中心にたくさんのエンジニアとめぐり合うことができ、大変有意義な一年でした。支えていただいたたくさんの方々、本当にありがとうございました。来年も引き続きご指導のほどよろしくお願いします。

1月〜3月 SAPUI5/OpenUI5とAWARD受賞

昨年はBackbone.jsをずっとやっていたのですが、仕事の都合でSAPUI5/OpenUI5というSAP社製のUIフレームワークを利用してWebアプリを作成していました。

業務系アプリケーションに特化したSAP社製「SAPUI5」を触ってみた

少数精鋭のプロジェクトでアジャイルっぽい要素を組み合わせて短期間で仕上げた仕事でした。この時の功績で、SAP AWARD OF EXCELLENCE 2014を取得しています。
(今年の秋にはAngularJSをやっていて、正直一年でこんなにも使うフレームワークが変わるとは思いませんでしたね。)

また、Developers Summit 2014:開発者のためのITカンファレンスのYet Another Your Story (Enterprise TED 3)にて講演させていただきました。いまとなってはいい経験です。

デブサミ2014で35歳からフロントエンジニアにキャリアチェンジして35歳定年説を覆した話をしてきた

この辺りは日々忙しくて夢中で駆け抜けた時期でした。今思うと、何も考えず夢中で走り続けられるって大事だなとおもいます。

4月〜6月 個から組織へ

この頃、次にやりたいことのスケールが自分を超えていると感じていたので、今まで学んだフロントエンドのスキルなどを組織で活かそうと模索していた時期でした。
いままで個人の成長に重きを置いてきましたが、その視点が組織や仲間にまで広がったということは、個人的にはずいぶん成長したとおもいます。

5月にHTML5fun立ち上げイベントにて声をかけられて講演する機会をいただきました。その時に感じている自身のエンタープライズHTML5感について話させていただきました。

HTML5funで「エンタープライズでのHTML5」について最近思うことを話してきた

今思うと、フロントエンドエンジニアを目指してからずっと、「エンタープライズでフロントエンドエンジニアが増えますように」と言っている気がしますねw。まじ変な人です。
たぶん、一緒にWebアプリケーションを作って苦楽を共にする仲間が欲しかったのだとおもいます。

この時は、組織として強化するべきフロントエンドの技術や開発手法など広く探っている時期でした。見つけたのが後で出てくるハイブリッド開発手法やAngularJSでした。

7月〜9月 ハイブリッド開発手法とAngularJS

この頃はハイブリッド開発手法(Cordova)とAngularJSを有用性を見極めるため、ひたすらサンプルのアプリやWebサービスのコードを書いて検証を重ねていました。
Cordovaのフロント部分にAngularJSが利用できることが分かったので、エンタープライズにてAngularJSでどのようにWebアプリケーションを構築すればいいかを念頭に検討を重ねていました。

9月にはいまや最も優れたJavaScriptフレームワーク「AngularJSリファレンス」出版記念会にて、AngularJSの取り組みについて話させていただきました。

なぜAngularJSを薦めるのか ー 個人的な思い

10月〜12月 AngularJSをより深く

この頃はAngularJSのMEANスタックを使ってもっと複雑なWebアプリケーションを作成していました。(とは言ってもあくまでβ版サービスレベルです。)

MEAN(MongoDB, Express, AngularJS, Node.js)スタックが優れている理由 - Mozilla Open Web Day in Tokyoを終えて - albatrosary’s blog

AngularJS関連で、他のSIerにて講演させていただいたり、ハンズオンのチューターとして参加させていただきました。
自身の持つAngularJS、Cordova、Nodejsのスキルを駆使して多くのデモアプリやサービスを作成していました。この過程でAWSなどのクラウドサービスを利用することが日常的となり、併せて弱点だったインフラのトレーニングを積むことができました。

来年の活動

といった感じで、個人としては成長できた一年でした。来年は、今年できなかった組織やチーム、仲間と共に自身も成長していきたいとおもいます。

特に今年の後半は徐々にアウトプットが少なくなったようで、勢いがなかったような気がします。これは、今年やりたかった「今まで学んだフロントエンドのスキルなどを組織で活かす」という部分がうまく機能しなかったため、自身の中にいろいろ迷いが生じていたためだと思います。
これは使い慣れたガラケーが手放せない人に、最新式のスマートフォンを売っている、気持ちに通じるものがあります。

というわけで、来年はこういう無駄なところで悩まず、なるべく早い時期にまっすぐ走れる道を見つけたいとおもいます。
そして、チームや仲間と共にさらに成長していきたいです。

来年こそはもっと質の良いアウトプットしたいですね!!
では、みなさん良いお年を。

p.s.

35歳からフロントエンドエンジニアを目指して走ってきたのですが、ここまでこれたのは妻の支えと娘の笑顔があったからです。本当に感謝したい。
(と言える気持ちになったのが、今年一番の収穫なのかもしれない。)